スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページtop |

応援、よろしくお願いします(^o^)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ








早期リタイア実現のために、「しない」と決めたコト⑦ ~洗濯物をたたむ~

2012.08.16 21:22  早期退職実現戦略

早期リタイア実現のための工夫シリーズ。
第5回、第6回と家事ネタが続きました。

第5回の料理。
第6回の掃除に引き続き、今回も家事ネタです。

料理、掃除と続けば、今回の主役はコチラです。

HITACHI うれしい仕上がりビッグドラム ドラム式洗濯乾燥機 ガーネット BD-V1-R




さすがに、いくら家事をしない私でも、洗濯をしないわけにはいきません。
クリーニングを利用するにも、パンツや靴下までは、クリーニングしてくれませんからね。

でも、洗濯にかけている時間は、一般の方よりもすごく短いと思います。
なぜか?それは、「しない」と決めていることがたくさんあるから。

今の時代は非常に便利で、全自動の洗濯乾燥機があります。
ご紹介しているのは、最新のすごくいいモデルですが、もっと安くても買えます。
(実際に私が使っているななめドラムの洗濯乾燥機はもっと安価です。)

こういう便利なモノを活用すれば、洗濯に必要な時間も大幅に短縮できます。

例えば、「干す」という作業。
そもそも「干す」必要ってあるんでしょうか?
また、洗濯物って、なぜ外に干すんでしょうか?
外に干した方が早く乾くとか、室内に干すと、独特の臭いが付くとか…。
色んなコトが言われていますよね。

確かに、外に干した方が、早く、きれいに乾くんだと思います。
それ自体は否定しません。

ですが、外に干すコトで、失っているものもあるはずです。
私が感じる1番は、安心です。
外に洗濯物を干していると、いつも「雨が降ってきたらどうしよう?」と心配が付きまといます。
特に梅雨の時期などは、いつも気にしているという方も多いんじゃないでしょうか。
室内に干していれば、そんな心配は全くありませんし、ななめドラムの洗濯乾燥機を使えば、干すコト自体が、必要なくなります。

そして、洗濯という家事において、私が最もムダだと感じているのが
・取り込む
・たたむ
という作業です。

そもそも洗濯って、その衣服を「もう1回着る」ためにするわけですよね?
じゃあ、何でせっかく洗って、乾いたのに、それを「取り込んで」「たたむ」んですか?

「もう1回着る」ために洗ったんだから、乾いたら、そのままにしておいて、もう1回着たらいいじゃないですか。

だから、私の洗濯の仕方は…
1:洗濯する(全自動洗濯機がしてくれます)
2:乾かす(これも全自動です)
3:たたまないで、種別ごと(靴下、パンツ、Tシャツなど)にまとめて置いておく。
4:もう1回、着る。

です。
これで何の問題もなく、この数年、生きています。

つまり、普通の方がしている
・干す
・取り込む
・たたむ
という作業が一切ありません。

1回ではあまり長い時間にはならないかもしれませんが、年間を通じて考えればすごい膨大な時間になるはず。

その時間を節約して、有効活用しよう!というのが私の戦略です。
インターネットを活用するように、最新の白物家電も活用する。
これって、けっこう大事なポイントだと思います。




関連記事

tag : 経済的自由 アーリーリタイア

| コメント:(1) | トラックバック:(0) | ↑ページtop |

応援、よろしくお願いします(^o^)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ











この記事へのコメント:

No title

僕も洗濯物を畳んでないです、ていうか種類ごとにすら分けてないです。
そのまま洗濯カゴにどさっと置いてます。
着る時にほじくり出せば結構いけますよん。

靴下の色も全部 黒色で統一しました、片方破れても大丈夫です。

服を脱ぐ時はそのまま洗濯槽にほうり込みます。
扉も開けっ放しです。

ただ全自動洗濯機の場合、乾燥フィルターの掃除が面倒ですね、毎回すぐほこりがたまりますので。

あと液体洗剤を自動で入れる機能があればうれしいです。

| URL | 2012.10.16 17:06

コメント:を書く


管理人にのみ表示

↑ページtop

この記事へのトラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページtop

プロフィール

アンケートにご協力ください!

最新記事

最新コメント

Ads

最新トラックバック

アンケートにご協力ください!

たちばなへのご連絡はコチラから

相互リンク

タグ一覧

お気に入り

検索フォーム

カテゴリ

全記事(数)表示

おすすめ書籍【Amazon】

週間人気ページランキング

アクセスカウンター

ご注意事項&お願い

Blogランキング

はじめに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。